QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
koarachun

2012年02月08日

タバコは男性の認知力低下と関連、英研究

【2月8日 AFP】長期的に見て、タバコを吸う男性は吸わない男性よりも精神機能が著しく低下するとした調査結果が、6日の米精神医学専門誌「アーカイブズ・オブ・ゼネラル・サイキアトリー(Archives of General Psychiatry)」に掲載された。同様の関連性は女性には見られなかった。

 長期間の喫煙の影響は、記憶力低下、過去の経験を現在の行為と関連付ける能力の欠如、全体的な認知機能の低下という形で現れたという。

 ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(University College London、UCL)の研究チームは、英国の公務員の男性5000人以上、女性2100人以上(平均年齢56歳)を対象に、最大25年間追跡し、この間に6回、喫煙状態を確認するとともに一連の認知力テストを受けてもらった。

 男性で喫煙者と非喫煙者を比較したところ、喫煙はすべての認知力検査において、精神機能の速い低下と関連していた。

 近年(10年以内)にタバコをやめたという元喫煙者の男性でも、認知機能が著しく低下するリスクは依然として存在したが、タバコをやめて久しい男性では同様の認知力低下は見られなかった。

 ニューヨーク(New York)にあるザッカーヒルサイド病院(Zucker Hillside Hospital)の神経科長、マーク・ゴードン(Marc Gordon)氏は、「この研究は喫煙が脳に悪いことをはっきりと示している」と述べ、「中年期の喫煙は修正可能なリスク要因だ。この時期にタバコをやめれば、認知能力の低下が遅れ、脳年齢に(吸い続けた場合と)10年程度の開きが出るだろう」と続けた。

 なお、女性で同様の関連が見られなかった理由は不明だ。研究者は、女性のサンプル数が少なかったことや男性の喫煙量が女性より多かったことが関係しているかもしれないと指摘している。(c)AFP(グーグルニュースより)

喫煙は何にでも悪影響を与えると言うことは
よくわかっているのですが、なかなか禁煙すると言うのは
難しいものですよね。

自分がやめてもまわりがすっているとついつい
また吸いたくなってくるし・・・。

それにタバコをやめると太ってしまうと言うのも
問題です(汗)

一度禁煙してもまた吸い始める人も多いようだし
もういっそのことタバコは麻薬と同じ扱いにして
逮捕してしまうとか・・・そしたらタバコを吸う人も
減って行きそうな気がする…ダメ?





『オススメリンク』
藤沢市 看護師求人
練馬 看護師求人
川崎 看護師求人
川越 看護師求人



Posted by koarachun at 15:11│Comments(1)
この記事へのコメント
たばこはおいら的には麻薬以上の悪なのですが・・・・・

なんでかって、麻薬と違って即効性の害が
ないがためにまるで無害みたいな認識を人に持たせているからです。

絶対にいけないという認識があれば
止めようとも思うけど、タバコくらい吸っても
ちょっと早死にするだけだくらいの認識では
止めることはできないからです。


タバコを取り締まるってのは
実際にはいろいろ難しそうですね^^;

まず、タバコを取り締まれば税収が大幅に減る。

タバコを扱う会社がつぶれて
タバコに関係のある運輸業や販売業
その他、いくつかの企業も大きな減収となる。

結果、雇用が大幅に減るし、一時的にとはいえ
人々の間で争いや、精神問題が顕在化する。


商売をする側から見たら
中毒的に欲しくなる製品を売るのが
儲けをだすためには手っ取り早いんですよ;;

だから、肉もスナック菓子もファーストフードも売れるんです。

資本主義の悪いところでしょうね;;


改善するのなら少しずつゆっくりとだと思います。
Posted by DiceDice at 2012年02月13日 12:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
タバコは男性の認知力低下と関連、英研究
    コメント(1)